(第29回)「四字熟語・故事ことわざ」で綴る就職支援・第十六話『面接十戒』

(第29回)「四字熟語・故事ことわざ」で綴る就職支援・第十六話『面接十戒』

菊地信一

「面接官をごまかすのは簡単」は軽薄な思い上がりだ!

●こんなにある誤解・曲解・思い込み

 キミたちの考えを、まだまだ正す必要がある。著者が現役の大学3年生から取材したナマの声を聞いてほしい。まだ本番の面接を受けていない点を割り引いても、認識は相当甘い。
「先輩の話でも、とにかく意地の悪い質問がほとんどらしい。だから、どんなことを聞かれてもいいように、頭の中に詰め込む内容を今からチェックしています。でも、会社データも暗記しなければならないようだし、面接問題集もしっかりとマスターする必要もあるし、やることが多くて困ります。頭の中がパンクしそうです」 (K学園大学 S・Y)
「面接といっても、15分というじゃないですか。たったそれだけで、人間を理解するなんて不可能に決まっています。僕は友人に比べると弁が立つほうなので、どんどん自己主張をしようと思っています。そうすれば、自然と道が開けるんじゃないですか。要するに、“しゃべりのうまい”人間が有利になるということでしょう」 (C大学 T・K)
「着席したら、その後は質問に答えるだけでいいんでしょうか? それほど心配はしていません。“出る杭は打たれる”らしいですから、あまり目立つことはやりたくありません。むしろ、普段の自分を演じ続けたほうが、効果があると思います。マニュアル本の中にも“目立とう精神”は嫌われると書いてありましたから、この考えのままで面接に臨んでも問題はないと思います」 (T大学 R・G)
「とにかく、面接関連の本を読みあさっています。面接では、時間の関係もあって、質問される項目というのはだいたい決まっているそうです。だから、質問に対する答えを用意しておけば、それほど戸惑うこともないはずです。難問、奇問も多くはないでしょう。『傾向と対策』を立てていれば、心配はないですよね」 (N大学 U・Y)

 以上、4名の考え方をキミたちはどう思うか。かなりの共通点があることに気がつくはずだ。それぞれの立場で“青年の主張”らしきものをしているだけである。

▼「面接試験」の事前準備のプロセス(OA販売会社K社の例)

1.どのような人物が欲しいかを検討、決定する。
2.他の試験(適性試験、筆記試験)などとの組み合わせを決定する。
3.面接回数(それぞれの段階における面接者の人数)、方法を決定する。
4.評価項目を入れた「面接評定表」を作成する。
5.評価項目別に代表的な問題集を作成する。
6.リクルーターほか、面接をする社員を決定する。
7.すべての面接者に共通する評定事例を統一する。(勉強会の実施)
8.それぞれの段階における面接を実施する。
(1次 、2次、 最終)
9.採否の決定をその都度行う。
10.最終面接者の内々定者数をチェック(調整)する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング