JINS社長の「先行して勝ち抜く」ための考え方

ジェイアイエヌ社長 田中仁(下)

 ジェイアイエヌは日本で眼鏡業界を革新し続けてきた。その躍進は国内にとどまらず、中国でも積極出店を続け黒字化は目前、次はアメリカへの展開にも着手している。そのジェイアイエヌを率いる田中社長は日頃どのように考えて決断を下しているのか? 2011年にモナコでのErnst&Youngアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー世界大会に出席して、田中社長が感じたこととは?

※前編「『根っこ』を強く JINS社長の経営論」はこちら

決断における“ゆらぎ”

三宅:2004年とか05年ごろ、弊社主催でベンチャー経営者の集まりをやっていたことがあります。確か田中さんもご出席されたと思うのですが。

田中:はい、出席させていただきました。

三宅:そのとき弊社の者が田中さんのことを見て、「センスのいい人がいるなあ」と思ったそうです。「でもすごく控えめだな」とも思ったと。ガーッと引っ張るタイプというよりは、周りを盛り上げていくタイプだと感じたそうですよ。ご自分ではどういうタイプの経営者だと思われますか。

田中:どうでしょうか。私は中途半端なのですよ。どちらか極端に寄るということが、あまりない。「オレの言うことだけ聞いていればいいんだ」というのでは、会社はうまくいかないと思うし、みんなの意見だけ聞いていてもうまくいかない。だからボトムアップとトップダウンを行ったり来たりするタイプかもしれません。

三宅:悩みながら行ったり来たりするのですか? それとも自然に行ったり来たりするのですか? 今日はちょっとボトムアップにしてみようとか。

田中:これは、私の中で「ゆらぎ」と言っているのですが、あとあと尾を引くような決断は、あえて即決しません。「この決断は2年後、3年後に響くな」というようなものは寝かせるのです。一方、「これはもうどんどん進んじゃえ、間違っていたら途中で変えればいい」と思うようなことは、すぐに決断します。

三宅:それが経営者のセンスというやつですね。

田中:たぶん、スタッフからすると、「あれ、何でこの問題については答えを出さないのだろう」と思っている者もいると思います。

三宅:「社長、あの件についてちっとも決めてくれないな。その割にこれはえらく早いな」なんて思っているかもしれないですね。その差はかなりクリアに違うわけですね。

田中:自分の中では、その振り分けは明確です。

三宅:それは直感ですか。

田中:直感とも言えますが、たぶん累積経験が大きいでしょう。いろんな痛い思いをしましたから。

次ページ成功する経営者は謙虚
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。