「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

「年収6割でも週休4日」という生き方 ビル・トッテン著

コンピュータソフトの販売会社アシストを経営する著者は「小欲知足」をモットーに京都の夏をエアコンなしで乗り切り、庭で作る有機無農薬野菜による「自作自消」に入れ込んでいる。そうしたユニークなライフスタイルの紹介(人糞・馬糞による野菜栽培まで)も面白いが、経営者としての経済・経営観のほうが主題であり、大前提として日本経済はこれから現在のGDPの6割まで縮小していく可能性があるという。

である以上、リストラは一切しないが給料は大幅に減るのを覚悟で、今から社員も自活の準備をしてほしいとする。その会社と社員のやり取りから、経営と労働の本質のようなものが伝わってくる。そして日本的経営が失われたこと、松下幸之助など哲学や倫理観を持った財界人が今の時代に皆無に近いことを惜しみ、市場原理主義、道徳なき経営を厳しく批判する。トービン税、米国債売却、政府紙幣発行など終章の提言も
議論する価値はある。(純)

小学館 1260円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。