(第13回)数学大国江戸の日本~算聖関孝和~(その4)

●筆算の原型である「傍書法」の考案

和算の計算は飛鳥時代から算木を使い、その後そろばんが伝わりそろばんが使われるようになりました。これらの計算道具はそのスピードにおいて優れているがゆえに、だれもそれ以外の計算方法を考えようともしませんでした。ましてや、手書きの道具は毛筆であり、字は漢数字であったわけですからなおさら筆算を進んでしようとは思わなかったのです。
 しかし、関は当時の計算道具である算木や算盤、そろばんでは計算できない問題があることに気付きました。それは方程式の数値解法である「天元術」の計算過程を紙に写す際のことでした。算木と変数を紙に書いてしまえば計算ができることに気付いたのです。変数に使われていた文字は、甲、乙、丙、丁や十二支の名前でした。

これが「傍書法」といわれる関の考案した画期的計算方法だったのです。現代では当たり前になっているx,y,zなどを使った計算~代数演算~の発明だったからです。式の演算が紙の上で自在に行えるようになったことはそれ以後の数学発展に大きく寄与したのでした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。