(第13回)母親タイプ別 デジタル活用インサイト

 

(株)マッキャンエリクソン、「Real Mothers リアルマザーズ」編集部


母親たちの生活に、インターネットや携帯電話はなくてはならないものとなっていますが、その使われ方や態度は母親タイプによって違いがあります。
そうしたデジタル・ツールを通した情報活用全般に最も熱心なのはミーハー・ママとセレブ・ママ。ナチュラル・ママとやりくりママは必要なものを選別して利用しています。
以下、それぞれのタイプのデジタル活用のポイントと、効果的なアプローチのヒントをご紹介します。

<セレブ・ママ> キーワードは“Special””Selected”


 料金を気にせず、情報も機能も使えるものはどんどん使うのがこのタイプの特徴。情報は「全方位で押さえていたい。」という欲求が、デジタル・ツールによる情報活用にも言えます。
ただし、このタイプは情報の「質」にもこだわりがあります。
セレブならではの、特別感のあるサービスで狙うことが有効です。

<ミーハー・ママ> キーワードは“Search”“Shop”“Share”


 情報を得ること自体をエンタメとして楽しむミーハー・ママは、ケータイやメールが大好き。オンライン・ショッピングに最も熱心なのもこのタイプです。セレブ・ママと共に、デジタル情報のオピニオン・リーダー的存在になっています。
このタイプには、自ら探して、購入して、さらには楽しんで情報発信してもらえるような仕掛けを提供していきましょう。

<ナチュラル・ママ> キーワードは“Story”“Sincere”


 情報を目的に応じて賢く使いこなすのがこのタイプ。莫大なインターネットや携帯電話に対しても、選別しながら、必要な情報や機能だけを使っていきたいと思っています。
したがって、派手な仕掛けよりも、じっくりと情報を伝えることが大切です。また、子供への良質な教育への意識も高いので、教育的な使い方も有効です。

<やりくりママ>キーワードは“Saving”“Sale”


 家計のやりくりに熱心なこのタイプは、通信料への意識も高く、インターネットや携帯電話にはなるべくお金をかけたくないと思っています。その一方で、メリットがあれば使うことへの抵抗は減ります。
そこで、特典を付与したり、料金割引セールなど、お得なサービスを提供すると、積極的に利用してくれるでしょう。

<脱力ママ> キーワードは“Simple”“So-so”


 何かにつけて消極的な脱力ママは、デジタル活用についても限定的。その活用度合いは平均程度で、他のタイプと比較して大きな特徴はありません。積極的に使いこなす気もありません。
このタイプを動かすことは容易ではありません。まずは単純で面倒くさくない仕組みを用意してあげることが必要です。

マッキャンエリクソン「Real Mothers リアルマザーズ」
マッキャンエリクソンの独自調査システム、マッキャン・パルスなどから、今日の母親の思考、感情、ディマンドを探り、彼女たちのリアルな姿をあぶりだすことを目的としたプロジェクト。
2004年から毎年、調査結果を小冊子にまとめて公表しています。
http://www.mccann.co.jp/insights/realmothers/about.html

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。