がん検診は誤解だらけ 何を選んでどう受ける 斎藤博著

がん検診は誤解だらけ 何を選んでどう受ける 斎藤博著

がんは日本人の死因のトップであり、年間30万人以上が命を奪われている。がん死の中でも働き盛りのサラリーマンなどの「早すぎる死」は、家族や社会にとって大きな損失だ。そして早すぎる死を防ぐために最も重要な手だての一つが、がん検診の受診だ。

しかし、日本人のがん検診受診率は10%台から20%程度にとどまる。その一方で、がん保険や人間ドックに高額の費用を払う人も少なくない。

実は政策として行われている検診(推奨されている検診)こそ、最も低コストかつ有効性が高いと著者は指摘する。現に欧米では、検診受診率の上昇とともに、乳がん死亡率の低下を実現させた。検診について正確な知識を持つ必要性を説く。

NHK出版生活人新書 735円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。