就航わずか10年でJALを抜いた「中東の翼」

エティハド航空の強さの秘密に迫る

エティハド航空の白い機体が今、世界の航空業界に旋風を巻き起こしている

中東の真ん中に位置するアラブ首長国連邦(UAE)。その首都であるアブダビを拠点とする航空会社が、猛烈に勢いを増している。エティハド航空。日本では、成田国際空港と中部国際空港(北京経由)から、アブダビ国際空港に就航するエアラインである。

「今日はエティハドにとって、歴史的な1日だ」――。5月4日、アブダビのフェアモントホテル内に設けられた特設会場で、エティハドのジェームス・ホーガンCEOは高らかに宣言した。

同社はこの日、世界各国から約160人のメディア関係者を招き、大々的な発表会を開催。エアバス「A380」とボーイング「787」を新機材として導入し、2014年12月から主要な路線で順次、就航すると発表した。

まるでマンションの1室

エティハドはこれまでボーイング「777」、エアバス「A340」「A330」「A320」「A319」などの機材を飛ばしてきたが、総2階建てで世界最大級の超大型旅客機であるA380と、数々の技術を駆使して燃費や飛行性能を高めた最新鋭機の787を、保有機材のラインナップに加える。「ファーストクラスやビジネスクラスの需要が高い路線の座席数を増やす」(ピーター・バウムガートナーCOO)のが狙いだ。

A380の1号機は、まずアブダビ―ロンドン線で就航。その後、ニューヨーク、シドニーなどへも路線を張る。エティハドはA380に、まるでマンションの1室のような居住空間のファーストクラス「ファースト・アパートメント」を設定。ファースト・アパートメントはリクライニングのラウンジチェアを広げると、全長約204センチメートルのフルフラットベッドに変わるオットマンをはじめ、冷蔵ミニバーや個別の洗面所、シャワールームなどを備える。

次ページ急成長の理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。