商業施設集客の目玉となるか、親子で楽しめる室内遊園地

ショッピングセンター(SC)など商業施設では長引く消費不況でテナントの撤退も多く、集客力のあるテナント誘致に頭を悩ませている。そんなSCで新たな施設が人気を集めている。

日本毛織(ニッケ)が展開する大型屋内遊園地「ピュアハートキッズランド」。不動産事業などを手掛ける傍ら、新規事業の一環として昨年11月に宮城県の「イオンモール名取エアリ」に開業。家族連れ中心に月2万人が訪れる盛況ぶりだ。

もともと三越のあった750坪もの広いスペースに砂場や滑り台などを設置したほか、1時間ごとに「お絵かき」などイベントも開く。費用も年会費315円(1家族)、1日遊び放題で1人990円と格安なのが人気で、開業後2カ月で1万の会員登録があった。週末には山形県など遠方から訪れる家族も多いという。

遊戯具ごとにスタッフが付き添い、遊んでくれるのが最大の特徴。保育士の有資格者も多く、託児所のような安心感がある。親が子供を預けて施設内のマッサージ機でくつろいだり、買い物を満喫できるのも好評だ。

親子ともども楽しめる施設の登場で、SC内のレストランからは「家族連れの客が増えた」という声も。集客効果を期待したデベロッパーからの引き合いも強く、ニッケは今年から本格的な展開を視野に入れている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
異色対談 伊藤邦雄×村上世彰<br>ROE8%達成で日本を変えろ

ROE8%達成を求めた企業統治改革の指針「伊藤リポート」で知られる伊藤邦雄教授。企業と敵対し、社会に拒絶された「村上ファンド」の村上世彰元代表。両者に相通ずるものとは?