インフレで、日本の起業精神は復活する

なぜ日本では、いままで起業者が減少していたのか

日本の起業家の代表格、ソフトバンクの孫正義社長。日本国内ではついにドコモを抜いた。eコマースでも中国のアリババと組んで世界一。起業は個人の力が大きいが、インフレになれば、起業をとりまく環境は好転する(撮影:梅谷秀司)

4月下旬に公表された最近の中小企業白書では、2012年時点の「起業希望者」は約84万人と、1997年の約167万人から約半分にまで大きく減少した、と分析されている(下表)。「起業希望者半減」と、センセーショナルに伝えたメディアもあった。

実際に起業して成功している、あるいは将来の起業を目指している人々は、日本での起業精神の冷え込みを嘆いたり、「日本経済の停滞の象徴」と喝破している。

「起業を目指す人と「起業した人」では雲泥の差

確かに、こうした記事だけで、「起業を目指す人が半減」と聞けばショッキングに聞こえるかもしれない。だが「起業希望者」とは、「自分で事業をいずれ起こしたい」と考える人である。

漠然と起業したいと考える人は相当いるわけで、実際に起業した人の数とはまったく異なる。例えば、97年には166万人起業希望者がいたが、実際、当時1年間に起業した人は28.7万人に過ぎない。「考えるだけ」の人はたくさんいても、実際に起業に至るには、相当ハードルがあるということである。

ちなみに、同じ調査では、実際に1年間に起業した人の数は、97年の28.7万人から、2012年には22.3万人と2割以上減っている。「思っているだけの人」は、かなりおり、「起業したい希望者」が半減したというよりも、デフレが始まった1990年代後半から、起業する人が減少し続け、15年間で20%以上減った事実が、事態の深刻さをより正しく表している。

次ページ日本人が起業しなくなったワケ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。