トヨタ自動車は今期上方修正、来期黒字化にもメド、ただリコールで変動リスク抱える

トヨタ自動車は今期上方修正、来期黒字化にもメド、ただリコールで変動リスク抱える

トヨタ自動車の今2010年3月期は、売上高18兆5000億円(前期比9.9%減)、営業損益は200億円の赤字(前期は4610億円の赤字)となる見込みだ。前回予想よりも売上高5000億円の増額、営業損益は3300億円の赤字幅縮小。09年4~12月期(第3四半期)実績を踏まえて会社側が修正した。「東洋経済オンライン」も今期予想を修正値に合わせる。

第3四半期は、4~9月期(上期)までの世界的な自動車不況が響いて営業利益は525.5億円(前年同期比76%減)だったが、夏場以降の各国のエコカー支援策が実っており、上方修正につながった。

今期営業損益を3300億円修正した2大プラス要因は、「販売増」と「合理化」だ。連結販売台数は703万台から718万台へと15万台上積み。うち北米で8万台、国内で3万台増える見込み。この販売増で2700億円のプラス。また原価改善や固定費削減など、合理化で700億円のプラス。円高で100億円のマイナス要因となったが、それをプラス要因が大きく上回った。税負担の減少などが支え、最終損益では800億円の黒字(前期は4370億円の赤字)と、従来の赤字予想から転換した。

設備投資は6900億円と従来計画から700億円減らし、研究開発費も7600億円と従来比400億円削減した。配当は中間20円実施済みで、期末を会社側は「未定」としている。

注目されるリコール問題の影響はどうか。北米や欧州での1000万台超ものリコール(重複分を含む)は、修理に伴う直接の費用を製品保証引当金として1000億円、消費者離れによる販売減を営業利益で700億~800億円のマイナスと算定している。これは「今期計画に織り込んでいる」(伊地知隆彦専務)という。ブレーキの不具合が明らかになった新型「プリウス」の分は織り込んでいないが、台数が約30万台と小さいことから、すぐに大きな影響はないものと見られる。

来11年3月期はエコカー補助金等の効果が各国で徐々に切れることから、楽観視できないが、中国やインドなどでの市場拡大を見越し、基本的には増販基調を維持。800万台前後は達成できるとみられる。引き続き合理化努力も続ければ、営業黒字化は間違いない。ただし、リコールの影響が中長期的にどこまで続くのか、政治的な要因もはらんでおり、潜在的なリスクを抱えている。

「東洋経済オンライン」としては、来期は5000億円前後の営業黒字を確保できると予想する。今後、再取材およびリコール問題の動向次第で、予想数字を見直す可能性が十分ある。


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
◎本2009.03   20,529,570   -461,011   -560,381   -436,937
◎本2010.03予  18,500,000    -20,000     90,000     80,000
◎本2011.03予  22,000,000    500,000    550,000    450,000
◎中2009.09    8,377,643   -136,859    -62,975    -55,986
◎中2010.09予  10,750,000    150,000    175,000    125,000
-----------------------------------------------------------
          1株益\    1株配\
◎本2009.03       -139.1        100 
◎本2010.03予        25.5      50-60 
◎本2011.03予       143.5      80-90 
◎中2009.09        -17.9         20 
◎中2010.09予        39.9      30-40 
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。