がんを生きる 佐々木常雄著

がんを生きる 佐々木常雄著

現在の医療現場では、「患者本位の医療」の名の下に、当然の権利としての知る権利、自己決定権、検証権(セカンドオピニオン)などから、患者自身が自分の治療法を選択し、病状の悪化、死が近いことが告げられる。

2000人以上の患者を看取ってきた医師である著者は、こうした現在の状況を必ずしもよしとはしない。唐突に死が直前に迫っていることを告げられたとき、人は簡単には自身の死を受け入れられないからだ。

本書は、がんでつらい状況にある人たち、あるいは短い命の宣告に絶望した人たちが、どうしたら立ち直れるのかを通して、著者が目の当たりにしてきた終末期医療の課題を論じている。

講談社現代新書 756円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。