iPadがついにお披露目、電子書籍・携帯ゲームの革命児となるか

iPadがついにお披露目、電子書籍・携帯ゲームの革命児となるか

早朝、曇り空のサンフランシスコ。大型展示場・モスコーニセンター前のヤーバ・ブエナ芸術センターに、黒山の人だかりが。テレビ中継車もずらりと並んでいる。1月27日、午前10時からアップルの新型タブレットPCが発表されるとの情報で、例年以上に注目を集めているアップルの発表会。
 
 「朝8時半から待ってる。絶対にどんなものか見たい」と、帽子とコート姿のマイク。彼は普通の大学生だ。生中継画像を熱心にのぞき込んでいたスティーブンは、向かい側で開催中の別の技術系イベントに参加予定の会社員だ。「iPhoneを持っているが、ウワサのタブレットPCはどんな製品で、いくらぐらいなんだろうか」と興味津々の様子。

ヤーバ・ブエナ芸術センターの外だけでなく、内側も観客で一杯だ。前評判が高かったため、入場者の人数制限が行われ、世界各地域ごとに入場人数枠も決められていた。このため中に入れないジャーナリストたちがたくさん外で会場を取り巻いている。

黒いセーターとジーパン姿のスティーブ・ジョブズが現れると、会場の人たちが立ち上がり、一斉に拍手が沸き起こる。

「今日初めて見せたいものがある。僕たちはアイパッドと呼んでいる」とジョブズが発表。iPadはスマートフォーンとラップトップの間に位置する製品で、インターネットを見たり、Eメールを送ったり、写真やビデオ、音楽が聴け、さらにゲームや電子書籍端末としても使える--と、ジョブズはソファに腰掛けiPadを使い、とても満足そう。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。