フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 クリス・アンダーソン著/小林弘人監修/高橋則明訳~潤沢なものはフリーに希少なものはより高く

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 クリス・アンダーソン著/小林弘人監修/高橋則明訳~潤沢なものはフリーに希少なものはより高く

評者 黒田康史 YSコンサルティング代表

「ロングテール」で一躍有名になったクリス・アンダーソンの最新作だ。本書もまた、ネットの可能性を示しているという点では大変興味深い内容だ。

何より印象的なのは、「フリー(無料)」の周辺でいくらでもカネを稼ぐ方法があるという指摘だ。フリーにすることで評判や注目を集められることを活かして、潤沢なものはフリーにし、その近くで希少なものを見つければ、喜んで高いカネを払ってくれる人がいると説く。

本書によると、フリーには大別して4種類ある。今注目のフリーミアム、つまりフリーによって人をひきつけ、有償のバージョン違いを用意するフリーもその一つだ。

本書では、過去のフリーの歴史を振り返ったうえで、現在のネットを利用したフリーは、アトムの世界ではなくビットの世界の話で、根本的に異質なものとしている。ビットの世界では限界費用が限りなくゼロに近づき、フリーは必然となってくるからだ。

本書はまた、フリーを恐れるのではなく、うまく利用すれば有料を活かせると主張する。不正コピーがその好例で、それは止められないものと割り切り、むしろ潜在顧客が増えることを喜び、うまく利用することが大切と説く。

最近、どの業界も構造改革が必要になっているが、本書を読めば、そこにフリーの影響が少なからずあることがわかるはずだ。

著者も指摘しているように、本書の内容については賛否両論あるだろう。しかし大切なことは、ネットの普及は世の中を根本から変えつつあり、今までのやり方では通用せず、新しいやり方が必要であることをしっかり認識することだ。この点、本書は刺激的で、さまざまな考えを膨らませる糸口になる。

Chris Anderson
『ワイアード』誌編集長。米国ジョージ・ワシントン大学で物理学の学位を取得、量子力学と科学ジャーナリズムをカリフォルニア大学バークレー校で学ぶ。ロス・アラモス研究所の調査員を務めたあと、『ネイチャー』誌と『サイエンス』誌に6年間勤務。著書『ロングテール』は世界的ベストセラーとなる。

日本放送出版協会 1890円 352ページ

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。