上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海 多国籍都市の百年 榎本泰子著

上海は、1840~42年に起こったアヘン戦争後の南京条約によって開港され、「租界」として急速に発展していくことになる。イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、そして地理的に近かった日本からも多数の人たちが移住した。その繁栄は、第1次大戦終結後から日中戦争が始まるまでの約20年間に極まる。1930年には人口が300万人を突破、世界第6位の大都会となった。

本書は比較文化研究を専門とする著者が、上海の政治経済や文化の形成を担った人々を国別に取り上げながら、国際都市としてどのように発展していったのかを論じる。現代中国の繁栄を象徴する上海の超高層ビル群の起源も明らかになる。

中公新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。