日本コカ・コーラ取締役会長・魚谷雅彦(Part4)--数千万円のキャンセル料を支払ってジョージアのCMを作りました

日本コカ・コーラ取締役会長・魚谷雅彦(Part4)--数千万円のキャンセル料を支払ってジョージアのCMを作りました

■ CEOへの道は、職業としての“社長”を選び、第一線で活躍するプロによるトークセッション。将来、経営層を目指すオーディエンスに、自らの経験とノウハウを語る。

--シニアバイスプレジデントのマーケティング責任者として、日本コカ・コーラに引き抜かれた経緯を教えてください。

クラフト・ジャパンで3年たったとき、コカ・コーラから声がかかったんです。それまで過去にコカ・コーラが日本人のマーケティング責任者を採ったことはありませんでした。

あえて日本人を採るぞと意気込んだイギリス人の社長・マイケル・ホール(マイク)と僕はすごく馬が合ったんです。何回か食事をして盛り上がって決まった話で、一度も正式な面接はしていません。完成されたビジネスなので最初は躊躇していたのですが、マイクの誠実な人柄と熱心な説得に応じました。

--着任後、最初の仕事が缶コーヒーのジョージアですね。

缶コーヒーの利益率は高く、会社の収益の柱です。大事な商材であるジョージアが当時売り上げを落としていて、初出社の2時間後、マイクから「ジョージアを立て直すことが君のミッションだ。解決してもらいたい」と言われました。

入社してすぐにひどいこと言うなあと思いましたが(笑)、僕も偉そうなポジションで入っていますからね。

自分が人を採用するときにも思いますが、それなりのポジションや報酬で採用されたら、それまでにない新しい付加価値を作れなければ意味がありません。マネジメント職で転職したらそのつもりで行かないとだめですね。

すぐにジョージア担当チームと話を始め、初日から帰宅は23時ごろ。約束だった3カ月のアトランタ研修もキャンセルとなりました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。