松本大・マネックスグループCEO--あきらめ感が支配している?《私のアラサー論》

松本大・マネックスグループCEO--あきらめ感が支配している?《私のアラサー論》

私は1963年生まれの自分を、大好きな車に例えて63年式と言っているが、年代の違いは年式が違うくらいの意味合いしかないと考えている。つまり80年生まれと、自分とは単にそれだけの違い。「近頃の若いやつは」というのは基本的に言わないようにしているが、あえて聞かれているので、その禁を破ってみることにする(笑)。

ウチの会社を見ていてもそうだが、30歳前後の世代は帰国子女が多い。日本企業の海外進出の結果といえるが、外国が普通になっていて抵抗感は薄い。その点でグローバル化が進んでいるように見えるのだけど、実はその逆が起きているように感じる。

私より上の世代は外国への大きなあこがれがあって、海外志向がある人は英語も必死に勉強した。それが今の若い世代は大学に入るのが易しくなって、しゃかりきになって勉強したことがないのか、英語も普通によくできるが、語学力ですごいと思わせる人を見掛けない。

私たちの世代までは「海外と競争するんだ」「国際舞台で戦うんだ」という感覚があった。競争心は時に成長至上主義と結び付きやすく揶揄の対象にもなるが、30歳前後の世代にはそもそもそうした感覚がない。身近になりすぎたゆえなのか、外国に強いあこがれや関心がないようだ。

この20年、日本は一時的に景気のいいときもあったが、ならしてみればほぼフラット。彼らからすれば子どもの頃からずっと経済成長の実感がないだろう。だから経済が伸びる中で働く、というのがピンとこないかもしれない。

あきらめ感が支配している?

鳩山首相にしてもオバマ米大統領と会談した折、温室効果ガス削減は話題にしても経済成長の議論は重要じゃないと避けてしまうワケで、経済成長が社会にとってどれだけ重要かという認識がない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング