ウクライナ東部の緊迫化、ロシア関与の可能性

独政府当局者の見方

4月14日、独外務省の報道官は、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。写真は親ロシア派の武装グループ(2014年 ロイター/Gleb Garanich)

[ベルリン 14日 ロイター] -独外務省の報道官は14日、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。

同報道官は「東部で発生している衝突にロシアが関与していることを示す多くの情報源がある」と語った。

別の政府当局者は、14日の欧州連合(EU)外相会合でロシアに対する追加制裁について協議すると述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。