ウクライナ東部の緊迫化、ロシア関与の可能性

独政府当局者の見方

4月14日、独外務省の報道官は、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。写真は親ロシア派の武装グループ(2014年 ロイター/Gleb Garanich)

[ベルリン 14日 ロイター] -独外務省の報道官は14日、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。

同報道官は「東部で発生している衝突にロシアが関与していることを示す多くの情報源がある」と語った。

別の政府当局者は、14日の欧州連合(EU)外相会合でロシアに対する追加制裁について協議すると述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。