ウクライナ東部の緊迫化、ロシア関与の可能性

独政府当局者の見方

4月14日、独外務省の報道官は、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。写真は親ロシア派の武装グループ(2014年 ロイター/Gleb Garanich)

[ベルリン 14日 ロイター] -独外務省の報道官は14日、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。

同報道官は「東部で発生している衝突にロシアが関与していることを示す多くの情報源がある」と語った。

別の政府当局者は、14日の欧州連合(EU)外相会合でロシアに対する追加制裁について協議すると述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。