クラブマニア 最新事情~成毛編

インスパイア 取締役ファウンダー/成毛 眞

 片山晋呉モデルのウェッジはよく寄る。ドライバーでフェアウエイに飛ばすことすらあきらめた仲間内で評判だった。マスターズに向かう片山が「僕には寄せワンしかない」と言ったという噂がその根拠だ。

とりあえずインターネットで情報集めだ。確かにメーカーサイトには「2008年度国内ツアー賞金王 リカバリー率No.1の片山晋呉プロ使用モデル」とある。
 そこでリカバリー率を調べると、パーオン以上でグリーンに乗せ、パーかそれ以上のスコアで上がることだそうだ。つまりボギーオン・ワンパットでパーが代表的なリカバリーなのだという。
 ということは、片山はティーショットがパーオン距離に届かず、寄せワンがうまいということになる。某キャスターのように、片山晋呉モデルのドライバーにうつつを抜かすよりも、はるかに安上がりで、スコアアップが期待できるというわけだ。
 なにしろ、ボクの場合はヘタをすると18ホールすべてがリカバリー率の対象となるのだから、リカバリー率がよくなることはあっても、悪くなることはない。これは魅力的だ。

ところで、ゴルフ仲間が付けてくれたあだ名は「バンカー名人」だ。サンドウェッジを構えるたびに、仲間たちは「よっ、バンカー名人!」と声をかける。キャディもこの人はさぞかしの名手かと見ている。
 実は使っているサンドウェッジのソールに「Bunker Meijin」とブランド名がローマ字で彫ってあるのだ。バンカー名人とはそのことだったのかと、キャディが気づいて後ろを向いて苦笑していることがある。こうした状況から脱出するためにも片山モデルを買ったのだ。
 52度と58度の2本。シャフトは限定モデルのNS1050だ。ラウンド前の練習場で打ってみると、確かにバックスピンもかかっているようで、着地してからのボールの挙動がかっこいい。ピタッと止まるのだ。
 仲間にも打ってもらったのだが、自分のよりもよいと思うよという。しかし、昨日からの雨がさっき上がったばっかりだし、などと口の中でブツブツいっている。

いよいよコースデビューである。90ヤードのアプローチは小気味よくボギーオンだが、2パット。バンカー脱出も問題ないが、3パット。30ヤードのバンカー越えも安心感抜群だ。しかし、結果はまたもや3パット。
 上がってみると、結局いつもと同じスコアである。そうなのだ。パターが悪いのだ。今年の平均パット数1位は石川遼である。またもやインターネットで調べてみると、石川モデルは在庫切れだそうだ。結局、別のパターを発注することになってしまった。

インスパイア 取締役ファウンダー/成毛 眞(なるけ・まこと)
1955年北海道生まれ。アスキーなどを経て、91年マイクロソフト日本法人代表取締役社長。2000年に退社後、投資・事業開発コンサルティングのインスパイアを設立。趣味はジャズレコード収集やプラモデルなど多数。無類の読書家としても有名、書評も多く手掛ける。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。