【産業天気図・鉄道・バス】新幹線など客足低迷、流通・ホテル事業も苦戦。10年度前半に回復あっても「曇り」止まり

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

鉄道・バス業界は2009年10月~10年3月が「雨」。主柱の鉄道は不況とインフルエンザ流行で利用客が低迷。10年3月期は上場JR3社、上場大手私鉄13社のすべてが営業減益になる見通しだ。10年4月~9月は流通・ホテル事業のコスト削減効果で業績回復するものの、鉄道の客足回復は厳しい。高速道路料金無料化試行の影響も不透明。天気は「曇り」止まりになりそうだ。

上場JR3社の10年3月期は大幅減益を見込む。営業減益率は、西日本旅客鉄道<9021>(47%減益)、東海旅客鉄道<9022>(33%減益)、東日本旅客鉄道<9020>(20%減益)の順に大きい。ビジネス客が大幅に減少、土日の高速道路料金割引も響き、新幹線など中長距離の不振が深刻だ。ただ首都圏需要に支えられる東日本の落ち込みが相対的に小さくなる。

客数の大幅な減少は08年11月ごろから始まった。09年春をボトムに前期比のマイナス幅は縮小する傾向だが、ベースになるビジネス需要の回復が見込めず、11年3月期の業績改善もスローペースにとどまる。ただ、東日本旅客鉄道は10年続いた退職給付関連の費用計上(年480億円)が10年3月期で終了するため、11年3月期の営業増益幅は相対的に大きくなる見込みだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。