最大級のMICEイベント、日本流でおもてなし

しぶ~い国際学会が注目を集める理由

1階広場には、桜が移植されている

運営事務局の合言葉は「おもてなし」。学会の開催は、海外からの参加者を見込んで、桜の咲く4月初旬にこだわった。東京国際フォーラムの1階広場に桜を移植し、外国からの参加者を楽しませている。

会場の案内スタッフは「ASK ME」と書かれたピンクの法被を着用し、来場者の問い合わせに対応する。「学会運営に対しては高い評価をいただいている。日本人の勤勉さが大きな強みになっている」(大鹿教授)。

日本らしいテクノロジーも活用している。スマートフォン用のアプリをダウンロードすれば、どのセッションがどこの会場で行われているか、地図上に落とし込みができる。また、パネルに展示された発表内容をパソコン上で閲覧できる「e-ポスター」も本格的に活用している。

周辺のホテルは高稼働に沸く

MICE整備は訪日外国人増加の一助となるか

MICE事業は経済効果が高いと言われる。東京都はIMF・世銀総会では約107億円の経済効果があったと試算する。

海外からの参加者が多い今回の学会でも、周辺ホテルは高稼働に沸いている。せっかく日本に来たのだから、この機会に観光も、というニーズは当然あるだろう。

安倍政権はMICE事業を成長戦略の一分野に掲げ、東京都のほか、横浜市、京都市、神戸市、福岡市の5都市を「グローバルMICE戦略都市」に指定し、重点的に支援を始めている。今春にもIR(統合リゾート)法案、通称カジノ法案が成立すれば、大型の会議場を備えた統合リゾートの開発が加速する可能性もある。

政府は2020年の東京五輪に向けて、訪日外国人客を現状から倍増の2000万人へ拡大させる目標を掲げる。そのためにも、MICEの強化は欠かせない。今年は眼科学会のほかにも、札幌市や神戸市などで参加者3000~5000人規模の国際会議が開かれる予定だ。国際会議の場でいかに日本をアピールするか。そうした一つ一つの積み重ねが、観光立国への布石になる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。