居住の貧困 本間義人著

居住の貧困 本間義人著

2007年1月、フランスでホームレスがパリのサンマルタン運河沿いにテントを張り「屋根の下で暮らす権利=居住権」を主張するデモンストレーションを行った。これに対し仏政府は3カ月を待たずに彼らに住まいを保証する「住宅人権法」を制定した。一方、この1年後に「年越し派遣村」問題が起こった日本では、政府は一時的な宿舎の提供や公営住宅等への入居斡旋を行っただけで根本的な対策をとっていない。彼我のこの違いに、住宅政策が専門の著者は日本における「居住権」の軽視を指摘する。

本来は社会政策の一環である住宅政策を、経済政策として展開してきた日本が直面する数々の住宅問題を検証、具体的な打開策を提言する。

岩波新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。