こころから感動する会社 泉谷渉著

こころから感動する会社 泉谷渉著

不況に対抗する企業の姿はさまざまである。社員を大切にする、独創的である、長期的な視野に立つ……。「熱き心」を持つ中小企業がどのようにいま奮戦しているか。記者歴32年、およそ5万社を取材・分析してきた著者が、八代市の櫻井精技、小野田市の長州産業、中国・四国の天満屋、秋田のわらび座など9社を中心に、その「夢とロマン」を論評する。

中でも印象的なのが、現オーナー社長が祖父や父から引き継いだ言葉「(相手の)担当者がえらくなるようにしろ」を大切にする櫻井精技。観光と文化のクロスオーバーを実践し、エンターテインメント産業にひた走る劇団・わらび座など。

それらに共通する旗印は、会社の存続と従業員の幸せ、地域への貢献、環境への配慮。口をそろえて、「お客様の感動のために」「お客様の喜ぶ顔が見たい」。こういった健全な中小企業が群生しているなら、日本は安泰だと意を強くさせてくれる。

亜紀書房 1575円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。