洗剤ボトルごしごし…で価値感が変わる?

身の回りの品の「価値」を「変換」してみる

「作家たちにとってフラグメントは、”世界を知るための入口”であり、創作のプロセスは、”世界を深く知る道のり”ではないかと考えています。私たちにとって、彼らが手を加えた作品としてのフラグメントを見ることは、これまで何気なく見過ごしていたものに対して、別の見方が生まれるということでもあります」

切子に見えて、100均の吸盤

髙田安規子・政子『カットグラス』2014 撮影:伊奈英次

円形のカットグラスがきらめいているように見えるこの作品は、実は100円ショップで売っている吸盤に切り込みを入れたもの。30代の双子の姉妹、髙田安規子さんと政子さんの作品だ。

「吸盤を高価な切子ガラスに見立てることで、価値の変換を試みています。先入観を持たずに新たな視線でとらえ直せば、見慣れたものも違って見えてくるのではないかと思います」

次ページトランプを、じゅうたんに変換
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。