知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰著

知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰著

昨年秋の世界危機から1年余りがたった現在、世界を取り巻く政治と経済をジャーナリストである著者が俯瞰した。同時に、アメリカの一極集中が弱まるなかでの今後の世界情勢を占っている。

たとえば、マネーの流れ。これまでアメリカに流れていたマネーは、中東、中国、あるいはインドへとその流れを変えている。中東には原油という豊富な資源があり、中国は急速な経済発展に任せ、世界の工場から世界の市場へと変貌しつつある。インドはITを武器に躍進する。

それぞれの国の思惑が複雑に絡み合うなか、日本は世界とどう対峙していくのか。あるいは、政権交代によって何が変わるのかなど、国内の問題もフォローしている。

角川SSC新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。