グローバル化経済の転換点 中井浩之著

グローバル化経済の転換点 中井浩之著

世界的な金融・経済危機を受けて、グローバル化の進展の中で、とりわけアジアや日本の経済がどう変化していくか、「アリとキリギリス」のイソップ寓話を経済の共存関係になぞらえ、読み解く。

アリは中国、日本など輸出主導で経済成長を維持してきた国・地域、キリギリスは米国など内需主導で経済成長を維持してきた国。キリギリスはアリの生産物に依存しすぎた過剰消費で貯蓄不足であり、アリは過剰貯蓄で、ともに均衡を欠いた。この結果、その「アリとキリギリスの宴」は資産価格バブルの破綻をきっかけに崩れる。

東アジアの「アリ諸国」は輸出・内需両にらみの政策へ舵を切りつつあるが、いずれも前途に課題は多いと説く。

中公新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。