政権交代の内幕 上杉隆著

政権交代の内幕 上杉隆著

メディア、評論の世界には政権交代への期待派と冷ややか派が混在しているが、本書は前者に近く、半世紀続いた「官僚内閣制」に民主党が終止符を打つだろうという立場から分析と展望を行っている。民主党の議員構成は世評よりバランスがとれていて、若手も小泉チルドレンよりは期待が持てるらしい。族議員や利権官僚が一掃されることで政策追求型政治への道筋が開けるというのだが、これに対する懐疑論はもちろんありうるだろう。しかし永田町を長年、内と外から観察してきた問題意識と主張は十分に説得力がある。

構成はドキュメントタッチの「自民党の完敗と崩壊」に始まり、「政治家と官僚の関係」「小沢一郎論」そして「鳩山由紀夫論」に紙数を割いている。インサイド情報も豊富で一気に読め、新聞やテレビの政治報道にはない切り口が楽しめる。政権交代がマスメディアのあり方を変えるきっかけになるだろうと著者はその点にも期待をかけている。(純)

PHP研究所 1000円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。