日本初!「アーティストホテル」の作り方

歌舞伎町の"とがった"ホテルは業界の常識を変えるか

新宿・歌舞伎町。ラブホテル街の真ん中に突如として姿を現したホテルが今、業界の注目を集めている。「新宿グランベルホテル」。その立地だけでなく、コンセプトや作り方まで、これまでのホテルとは一線を画しているからだ。

1つのホテルに37のデザイン

同ホテルは昨年12月18日に開業した。コンセプトは「アジアのNext Artist×ホテル」。アジアで活躍するアーティスト21人がホテルの設計に参加し、全380室には37ものデザインパターンがある。

画像を拡大
ザ・リゾートスイートは伊社とのコラボレーション

たとえば、最上階の17階にある4つのスイートルームは、各部屋がそれぞれ違う顔を持つ。アーバンリゾートをコンセプトにした「ザ・リゾートスイート」(60平方メートル、1室当たり1泊の正規料金7万円)は、イタリアのファッションブランド「ディーゼル」社とのコラボレーション。

同社の都会的な家具とリゾート感あるデザインを融合させた。屋外のガーデンハウスには、新宿の夜景を眺めながら「寝湯」を楽しめるバスもある。

天井の高い1階と12階には、ロフト付きの客室が全24室設置されている。非日常感を演出しており、ダブルルームではプロジェクターを使ったプライベートシアターも楽しめる。

次ページなぜアーティストが集まったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。