若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

昨年亡くなったジャーナリスト・筑紫哲也の遺稿集。表題どおりの雑誌記事2回分と大学での講義を中心に、未来を担う若者たちへ向けたメッセージとなっている。

著者は、半世紀もの間携わってきた自身の職業を「心配性のジャーナリズム」と称する。力を持った者が、その力に任せてやろうとすることや、世間の大多数の人たちがどっと同じほうに向かおうとしたときなどの危険を言い立てるのが「心配性のジャーナリズム」だと言う。特に権力への監視を怠らないのが、ジャーナリズムの本分だとも。

この国が抱えるさまざまな問題、憲法、沖縄、教育、メディア、宗教などを鋭く突きながら、自身の「世代責任」を果たそうとする姿が見える。

岩波新書 735円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。