トイレの話をしよう ローズ・ジョージ/大沢章子訳

トイレの話をしよう ローズ・ジョージ/大沢章子訳

一口に上下水道というが、飲み水の確保ほどに下水について語られることはない。しかし、世界に旅に出て、大都市を離れると、やること(排泄)は万国誰でも同じなのに、トイレ事情で驚かされた経験を持つ人は少なくないだろう。

「トイレがない、あるいは、あっても汚すぎて道端でしたほうがましという人は、世界には26億人いる」だけではなく、大都市でもまだ下水設備に関心は薄い。たとえばEU本部のあるベルギーのブリュッセルやイタリアのミラノが、「下水処理施設づくりを始めたのは2003年」だというから、その印象も当たり前かもしれない。

日本での便器ハイテク化、アメリカや中国でのバイオ肥料化、野外排泄ゼロを目指すインドなど、ユーモアを交じえてつづったルポを豊富に盛り込む。

突撃型の女性ジャーナリストが世界を東奔西走。トイレ・下水事情を追いかけて「水と衛生」という、もう一つの環境問題に迫る。

日本放送出版協会 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。