航空機は誰が飛ばしているのか 轟木一博著

航空機は誰が飛ばしているのか 轟木一博著

羽田空港は来年10月から4本目の滑走路を運用開始するのを機に、年間3万回の発着を国際便に割り振る予定である。しかし、成田空港より都心部に近い「羽田の国際化」は、そう簡単にいかないようだ。成田との兼ね合いや拡張による環境への影響、騒音問題などクリアしなければならない課題は多い。

著者は、国土交通省航空局において、航空管制の企画・立案を担当していた。現場での実務の経験を基に、航空機の運用がどのように行われているのかを丁寧に解説する。

航空をグローバル化にとっての最重要インフラととらえ、日本が世界のゲートウェイとなっていくためにどう効率的に運用していくのか、国家的な戦略を提言している。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。