現代自動車、バッテリー式EVを2016年発売へ

日産自動車や、独BMWを追撃

3月11日、韓国の現代自動車は、同社初となるバッテリー式電気自動車を2016年に発売する計画を明らかにした。写真は同社ロゴ。2012年1月撮影(2014年 ロイター/Fadi Al-Assaad)

[華城(韓国) 11日 ロイター] -韓国の現代自動車<005380.KS>は11日、同社初となるバッテリー式電気自動車(EV)を2016年に発売する計画を明らかにした。

同社は、独BMWや日産自動車<7201.T>が先行するEV市場で巻き返しを図っている。

現代自動車は米国などでの排出ガス規制の厳格化に対応する次世代自動車として水素燃料電池車の開発に力を入れてきた。一方、子会社の起亜自動車<000270.KS>はバッテリー式EVの開発に専念してきた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。