マネックス証券の野望、2度目の大型再編へ

マネックス証券の野望、2度目の大型再編へ

2005年にマネックス証券と旧日興ビーンズ証券が合併して以来、二度目の大型再編が起こった。10月28日、マネックス証券とオリックス証券が来年5月をメドに合併すると発表した。

2社の営業収益は単純合算すると約318億円(09年3月期)に上る。業界では現在2位の松井証券をしのぎ、約475億円の最大手SBI証券に次ぐ規模になる。

10年前の株式委託手数料の自由化を機に急成長したネット証券だが、各社の業績は06年3月期をピークに右肩下がりが続いている。ライブドアショックで個人投資家の株式離れが進み、一連の金融危機も響いた。各社が手数料値下げを競い合い、「安さが革新的だったが、(ネット証券は)普通の存在になってしまった」(マネックスの松本大社長)。採算を考えると、もはや値下げの余地も限られてきた。

合併に際しては、手数料体系やシステムの一本化、間接部門人員の削減など課題も多い。それでも今後、シェアの優劣を逆転しないかぎり、自力で大きな成長を果たすのは難しい。再編に踏み切り、「巡航速度の業界に、もう一度インパクトを与えたい」というのが松本社長の思いだ。

憶測呼ぶ真夏の密会

マネックスは今回、松井証券との合流も探ったフシがある。8月中旬、松本社長は松井証券の松井道夫社長を誘って、東京都内で会食した。

ちょうどその頃は、今回のオリックス証券との統合交渉が始まった時期と重なる。そこで何が話されたのかは定かではないが、「松本社長はかねて手数料水準の近い松井証券の松井社長に秋波を送っていたように見えた」(関係者)といわれる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。