100年予測 ジョージ・フリードマン著/櫻井祐子訳

100年予測 ジョージ・フリードマン著/櫻井祐子訳

「アメリカの時代」は21世紀に花開く--。地政学の手法を駆使して、21世紀100年を見通した世界の覇権勢力図が描かれる。

「アメリカとイスラムとの戦争は近く終局を迎える」「ロシアはアメリカと第2の冷戦を引き起こす」「アメリカへの次の挑戦者は中国ではない。中国は本質的に不安定」「今後、傑出する国は日本、トルコ、ポーランド」「新たな世界大戦が引き起こされる。その勝敗を左右するのはエネルギー技術、宇宙開発」、そして「今世紀の終わりには、メキシコが台頭し、アメリカと覇権を争う」。

著者自身、「未来について唯一確信をもって言えるのは、常識が通用しなくなるということだけ」と言う。アメリカの情報機関ストラトフォーのCEOを務める政治アナリストによる予測だけに、バイアスには注意が必要だが、その描く20年ごとの覇権勢力図は示唆に富む。悲観論の横行する日本の未来についての「強気の見方」が何より斬新だ。

早川書房 1890円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。