「今年の米経済成長率、3%程度に」

バーナンキ前FRB議長、米国経済の成長を予測

3月4日、バーナンキ前米FRB議長は、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由あるとの認識を示した。ワシントンで1月撮影(2014年 ロイター/Gary Cameron)

[アブダビ 4日 ロイター] -バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長は4日、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由があるとの認識を示した。

アラブ首長国連邦(UAE)で行われた金融関連の会合で講演した。1月の退任後、公の場で講演したのは今回が初めて。

前議長は、住宅部門に回復の兆しが出ており、建設産業が拡大するだろうと予想。

米国の危機はまだ終わっていないとも述べ、「米国がまず最初に学んだのは、米国は危機に強いわけではないということだ」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。