第2回 ポジティブドリームパーソンズ社長・杉元崇将 志の醸成

生き方を決めた人物との出会い、そして起業の決意

杉元の大学生時代は日本のバブル景気とともにあった。杉元は大学1、2年のとき、飲食店でアルバイトをしていた。
 最初は、お酒を出し、サービスを提供するのが単純に楽しかったという。しばらくすると、お酒を出すときに、適切な声をかけるとその人がお店のファンになるリピーターになるという経験が非常に楽しくなっていき、この仕事を突き詰めてやってみたいと思い立ったのである。
 思いたったら、すぐに行動に移すのが杉元。当時の日本バーテンダー協会の理事長を紹介してもらい、その人の経営するバーで働きたいと直談判したのだ。

その店で、杉元は運命の人(以下S)に出会う。Sは企画会社を経営する起業家で、そのお店の常連のお客さん。懸命に働く杉元のことが気に入り、いろいろ声をかけてくれたのである。当時20歳の杉元は、Sの立ち居振る舞い、仕事に対する姿勢などから大いなる刺激を受けたのだ。当時を振り返り、杉元はこう語る。

「Sさんからは本当にたくさんのことを教えてもらったが、自分の人生に最も大きな影響を与えたことは『目標のない人生なんてつまらない。目標ない人間なんて、洋服を着た犬と一緒。何のために生きるのかを真剣に考えることが大事』だということでした」

この時、杉元は純粋なSへのあこがれから、自分もSが起業した28歳になったら起業しようと決心した。

田久保の視点
ロールモデルを持つことは非常に大切。私も、数多くのビジネスパーソンと経営大学院で接する中で、具体的に目指すべき方向性が明確な人は、自己成長に貪欲で実際に伸びてくことを実感している。

次ページ起業を前提とした就職
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?