愛情の裏づけがない厳しい躾は、虐待

大らかで、小さなことにも幸せを感じる人間になるには

 グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわか らず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、ベストセラー「世界中のエリートの働き方を一冊にまとめてみた」の著者であるムーギー・キム氏の母親で、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた 著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。

 

今回は学生さんからの相談にお答えします。

【ミセス・パンプキンへの相談】
 私の両親は共に教師です。そのためか生活習慣や生活態度に関する躾がとても厳格でした。どれほど厳格だったかといいますと、私はそのために、すっかり神経質な人間になったのです。
 学習や進路に関してはまったく放任で、そのことには感謝しています。おかげで私は勉強面では自己責任という意識が早くから芽生え、向上心は人一倍強くなりました。
 両親には感謝している点のほうが多いですが、子供にとっては、小さなことでくよくよせず、小さなことにも幸せを感じられる人間に育つことが、一番幸せなことだと思うのです。
 学習面で自由放任だったように、生活面でも窮屈さを感じずに育てて欲しかったと思っています。神経質な性格は変えることができるでしょうか。
(東京大学学生)

 

<ミセス・パンプキンからのコメント>

厳しさの程度が具体的には判りませんが、窮屈だったと言っておられるので、相当な厳しさだったようですね。

厳しくしすぎて子供から反感を持たれたりすることもありますが、一番多いのは、受験勉強を“シテイタダク”ために、とりあえず躾は後回しにしてハレモノに触るように子供と接する親です。

早くから向上心に芽生え、東京大学に入られたあなたの学力を、ご両親は当然ご存知でした。学習面は本人に任せておいても大丈夫と判断されて、社会人になっても困らないように、躾だけ厳しくされたのですね。
親にも確固とした自信と深い愛情がなければできないことです。神経質な性格は、その躾のせいでしょうか?どのように神経質なのですか?例えば、物がきちっと整頓していないと落ち着かないとか?これは良い習慣で、あなたの一生の財産となることですよ。他人の言動等がとても神経に触るとか?これは社会生活で揉まれていく中で、気にしないよう訓練と努力を意識していきましょう。

それとも窮屈だったという表現から想像するのですが、親の前では異常に緊張して、普段の自分が出せないといったことでしょうか?愛情の裏づけがない厳しさは失敗しますが、あなたの場合はそのような問題でもなさそうですし、感謝しておられる面が大半なようですので、案外問題にするほどの神経質ではない範囲かもしれませんよ。

次ページ躾けるほうにも、器の大きさが必要
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。