米検察当局、ビットコイン業者に召喚状

サイバー攻撃への対処方法を聴取

2月26日、米ニューヨーク州の連邦検事は、マウント・ゴックスを含むビットコイン取り扱い業者から、サイバー攻撃にどのように対処したか事情を聴取する。写真は模擬ビットコイン。ベルリンで1月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[ニューヨーク 26日 ロイター] -米ニューヨーク州の連邦検事は、東京に本拠を置くMt.Gox(マウント・ゴックス)を含む仮想通貨ビットコイン取り扱い業者から、ここ数週間に受けたサイバー攻撃にどのように対処したか、事情を聴取する。関係筋が26日、明らかにした。

関係筋によると、ニューヨーク州南部地区のプリート・バララ連邦検事は、複数のビットコイン取り扱い業者に召喚状を送付した。

別の関係筋によると、連邦当局はマウント・ゴックスに対する調査に着手している。

マウント・ゴックスは「異常な活動」が見られることを理由に今月7日、ビットコインの引き出しの無期限停止を発表。25日にはウェブサイトが突然アクセス不能となり、同社は同日、取引を当面、全面的に停止すると発表した。

日本国内では警察や財務省などがマウント・ゴックスについて情報を収集していることを菅義偉官房長官が26日の記者会見で明らかにしている。

マウント・ゴックスが取り扱うビットコインは、同社が引き出しを停止する前の今月7日に828.99ドルで取引されていたが、その後、約135ドルまで下落した。

これに対し、英国に本拠を置く別のビットコイン取引所、ビットスタンプでは562ドル近辺で取引されている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。