ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

自動車・技術評論家である著者は、ハイブリッド動力システムで走る自動車=エコという考え方は短絡的すぎると冒頭から切り捨てる。さらには、エコカーさえ普及すれば、日本の環境対策が急に進むかのように論じる行政やメディアにも疑問を呈する。

現実的にハイブリッド動力を持つ車は環境負荷が小さいかというと、「ある限られた状況」で、「燃料消費が減るポテンシャルを持つ」という点においてのみイエスだという。さらには、燃料消費以外の素材利用、製造、解体・リサイクルまでを含めれば、既存の内燃機関を持つ車よりも環境負荷は高いとも。

車の製造と使うプロセス全体を見通しながら、自動車と環境の未来を考察する。

宝島社新書 700円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。