話題の「セカイカメラ」って何だ? 空間にデジタル付箋を残そう


 初めての場所を訪れたら、まず携帯電話をかざして情報収集--。そんな近未来を予感させるのが、ITベンチャーの頓智ドット(本社・新宿区)が開発したソフトウエア「セカイカメラ」。 iPhone用のアプリとして無料公開したところ、4日間でダウンロード数が10万件を突破するという注目度の高さだ。

“付箋”を空間に張り付ける感覚で、ランドマークの解説や「このレストランはおいしい」といった口コミを、自由に書き込んで情報交換できる。文章や画像データを「エアタグ」と呼ばれる付箋にすると、GPS(全地球測位システム)などで位置情報と関連づける。その位置でiPhoneをかざすと、誰でもエアタグを読み書きできる仕組みだ。現実とデジタル情報を重ねる、拡張現実(AR)技術の一種である。

ビジネス用途の可能性も広がりつつある。国内外の博物館で展示品の解説に試験導入するほか、スペインの高級ブランド・ロエベも商品紹介に活用。アンドロイドOS端末にも近く対応する見通しで、「流通や観光産業などで情報のプラットフォームに活用できる」(頓智の井口尊仁CEO)と期待を込める。携帯キャリアではauもAR技術を活用した新サービスを開発中で、セカイカメラが先鞭をつけたARは新しいトレンドとなりそうだ。

(杉本りうこ =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。