第4回 「絆」から考える親切大国・ドイツ

 ベビーカーを押した人がバスに乗るとき、まわりの人がすっと手助けしてくれた。そんな話はドイツを訪ねた日本人から時々きくことがある。
 なんでこんなに親切なの? ドイツの「絆」とでもいうようなものを見てみる。

キンダーゲルトなる児童育英金

「絆」という言葉を食傷気味に感じている人も少なくないと思うが、震災直後の日本では大切なキーワードだった。災害の大打撃を人と人のつながりを強くして乗り切ろうという意味で使われたということだろう。
 人と人のつながりというのは、大切だ。誰も異論はないだろう。ドイツでも人のつながりは重要だ。
ただ「つながり方」という観点からみると、ちょっとちがうように思えるのだ。

言葉尻からいえば「連帯」という言葉がドイツでよく使われる。たとえばドイツには日本のNPOのような組織形態のスポーツクラブが無数にある。
 とあるスポーツクラブの会合でメンバーに課する会費が議題にあがり、その中で家族割引の値上がりも含まれていた。

当然反対する意見が出てきた。
 「連帯でもって、家族の負担を軽くするのが本来ではないか」。

ドイツの税金は高いが、子供がいる人に対しては負担を軽くし、キンダーゲルトなる児童育英金が支給される。
 富の再分配ということであるが、みんなで、つまり連帯で家族を支えていこうという考え方はそもそも共有されている。これが家族割引値上がりに対する反対意見につながっているのだろう。

次ページ困っていれば手助けをする
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。