第2回 エコライフと団塊世代

環境先進国とされるドイツ。原発事故の時にはドイツでもデモが盛んに行われた。「環境先進国」になった原動力は「ドイツの団塊世代」の存在が大きかった。

「緑の党」の登場

緑の党は「環境先進国」をイメージさせる代表格だ。環境問題は戦後の大量生産・大量消費に伴う公害などの負の面が出てきたことが直接的なはじまりだが、西ドイツ(当時)では1971年に環境保護は国の公の役務ということになった。緑の党は1980年に設立されたが、それ以前から各地方であった運動が結実したかたちだった。
 設立から3年後の1983年には連邦議会で議席を獲得。1998年からはドイツ社民党との連立で与党にまでなった(2005年まで)。その後、下野するが、昨年は地方選挙で注目が高まる。バーデン・ヴュルテンベルク州の州議会議員選挙では福島原発事故をうけるかたちで、緑の州知事が誕生した。同州は58年間、保守政党キリスト教民主同盟が政権を担っていたところだった。

今日、環境問題はどの政党も考えなければならない課題であるが、緑の党の登場は、20世紀の政治の大きな特徴といえるだろう。

次ページドイツ団塊世代の社会的影響
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。