第4回 入金が滞っているとき、ここに注目

風水で最も注意するべきエネルギーとは

玄空飛星派風水では、各方位(北・北東・東・東南・南・南西・西・北西・中央)に9種類のエネルギーが配置されます。
 第2回で解説したように、このエネルギーは毎年、特定の動き方によって変化します。9種類のエネルギーには、大吉から大凶までありますが、今回は風水分析において最も注意するべきエネルギーである、大凶の星「五黄(ごおう)」についてお伝えしましょう。

あなたは、五黄という言葉を聞いたことがありませんか。
 毎年秋になると、書店に来年度版の暦が並びます。この暦には、毎日の吉凶や毎月の方位の吉凶などさまざまな情報が掲載されていますが。その中でも五黄の方位についてはすべての暦で大凶とされているようです。

風水や占いにはさまざまな流派があり、各流派がそれぞれの主張をしていますが、五黄については大凶という共通認識があります。
 つまり、誰が見ても五黄というエネルギーは、その悪さがわかるくらい、激烈なエネルギーを宿しているということなのです。

次ページすべての凶事が噴出する?!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。