大ヒット作に学ぶ、「映像コンテンツ」戦略

企業価値を上げる映像コンテンツ3つのポイント(上)

デジタルの進化により、企業やブランドが写真、映像など様々なコンテンツを簡単に世に送り出すことができるようになった。さらにソーシャル・メディアにより、そのコンテンツは瞬く間にマーケットに広がることが可能になった。
 が、一方で、消費者が主導権握ることとなり、企業はブランドをコントロールすることが難しくなった。ブランデットコンテンツという概念が生まれたのはそういった背景だ。そしてその重要性がますます増している。その中でも映像コンテンツはここ数年さらに進化したと言えるだろう。世界規模で数千万回ものYouTube再生回数を記録するような「大ヒット映像」の存在が目立つようになり、企業やブランドは真剣にブランディング視点で取り組み始めている。単に人々の間で話題となるだけではなく、企業価値を引き上げるブランデッドコンテンツが求められている。
 ブランデッドコンテンツと単なるコンテンツとは何が違うのか。企業、ブランドは何を指針としながらブランデッドコンテンツを制作していけばいいのか。そしてさらには、企業価値を上げる映像コンテンツとはどういうものなのか。
 この連載では、企業価値を上げることに成功している海外の映像コンテンツを
① ブランドのもつ価値をストーリーの中で表現する
② 最強のインフルエンサーから共感を得る
③ ビッグデータの映像化
 という3つのポイントから読み解いてみたい。
YouTubeなどの存在により、映像コンテンツの影響力が格段に高まっている(写真:AP/アフロ)

消費者が広告を避けようとする意識が強くなり、企業は広告とは違った形式でブランドのメッセージを送る必要が出てきため、企業やブランドは、次々と紹介されるテクノロジー、プラットフォームから様々な情報を発信するようになった。「面白い」、「目新しい」ものは人々の間でシェアされ、またたくまにコンテンツの拡散は広がった。

しかしながら、それらが売り上げ、企業価値の向上への貢献するケースばかりではない。話題性だけが注目され、結果として「ブランド」が置き去りにされてしまっていたのだ。しかし、消費者が広告を避けようとする中、広告的な発想は嫌われるだけだ。

では、企業やブランドはどのようにしてブランドメッセージをドライブするコンテンツ=ブランデッドコンテンツを制作すればよいのだろう。

海外には、数十万回レベルを大きく超えて、数千万回もの再生を記録したという話題性だけに終わらないブランデッド映像コンテンツが存在する。これらを読み解くことで、皆さんのマーケティング活動のお役に立つことができるのではないだろうか。

「ストーリー表現」の中のブランド

●インドとパキスタンという対立国家をつないだ感動的映像

この映像をすでにご存じの方もいるかもしれない。が、映像の面白さや話題性という視点ではなく、「企業価値を上げるための映像コンテンツ」としての視点で、再びご覧いただきたい。2013年11月にGoogle Indiaが公開し、現在YouTubeで約1140万プレビューを記録しているキャンペーン映像「Google Search: Reunion」だ。

この映像の背景となっているのは、1947年に起きたインド・パキスタンの独立分離。かつてのイギリス領インド帝国が一夜にして解体し、2つの国家へと分かれたことによって、国民の大半が、突然、家族や友人と引き裂かれるという事態となった。60年以上過ぎた現在でも、この分離によって離れ離れになった家族や友人を捜す人々が、後を断たないという現状である。

「家族・友人との再会」は、インド・パキスタンの人々にとって、心に深く刻まれている人生の目標だ。

これまで、消息がつかない家族や友人を捜したくても、求めている情報を便利に提供してくれるツールはなかった。そこに登場したのが、Googleのテクノロジーだ。

次ページ大ヒットしたGoogleのインド向け映像
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。