中国共産党「天皇工作」秘録 城山英巳著

中国共産党「天皇工作」秘録 城山英巳著

建国60周年を迎えた中華人民共和国の歴史において、国家指導者は一貫して対日関係を重視してきた。その時々の政権との距離には変化があったにしろ、日本との関係をどう構築するかは中国にとって大きな関心事だった。そして、彼らが対日工作の核心としてきたのが、日本国民に絶大な影響力を持つ「天皇」への接近にほかならない。

著者は通信社の特派員として5年あまり北京に駐在し、激変する日中関係をつぶさに観察してきた。本書では、日中戦争以来の毛沢東の対日観、天皇観にまでさかのぼって、中国の対日戦略の起源を追究している。当事者の肉声を交えたエピソードが豊富に盛り込まれており、日中関係史への理解が深まる。

文春新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。