記事広告アーカイブ

「i-Deal」により外為取引を多面的に支援

三井住友銀行

グローバルネットワークを活用した外国為替取引のアドバイザリーサービスの提供に加え、先進的な電子取引システム「i-Deal」で取引先企業の外国為替取引を徹底支援する三井住友銀行。多機能で使いやすいことから、着実に「i-Deal」の利用企業が増加しており、対面での取引や情報提供においてもきちんとフォローする同行の姿勢への評価は高い。

為替取引に精通するプロが
テーラーメードで対応

三井住友銀行は、外国為替取引において専門的な知識や豊富な情報量に基づく付加価値の高いサービスを提供するべく、ニーズに幅広く対応できるグローバルネットワークや、先進的な電子取引システムで取引先企業をサポートしている。

「アベノミクスによって円高基調が是正されましたが、その要因は何なのか、今後の見通しはどうか、あるいは日本企業の進出が相次ぐ新興国の政策や規制、取引慣習はどうなのか、といった情報に対するニーズが増えています。このようなお客さまのニーズに対して銀行には今、専門的な知識や豊富な情報量に基づいた付加価値を提供する、アドバイザリーサービスが求められているのです」と、同行市場営業推進部の藤池和佳部長は言う。

市場営業推進部長
藤池 和佳

たとえばアジア各国には、外国為替取引についてのさまざまな規制があることに加え、日本企業の本社からは、現地にある子会社が為替リスクに直面していても、なかなか見えにくいという実情もある。

ビジネスのグローバル化が加速するなか、企業には外国為替市場をめぐる環境の変化や相場状況、各国の金融当局の政策などを把握するために幅広いアンテナを張り、マーケットの動向につねに先んじて対応することが求められる。特に、成長一辺倒の流れから潮目が変わりつつある新興国においては、相場状況や最新の規制動向などを的確に把握することが重要だ。だが、そのような対応ができる企業は決して多くない。だからこそ、外国為替取引に精通したプロフェッショナルが国内をはじめ主要な海外拠点にも駐在し、取引先企業のニーズに対応できる体制を整えている同行のようなパートナーが、これからはますます重要になってくるのだ。

次ページ企業の付加価値創造に貢献する「i-Deal」
お問い合わせ
三井住友銀行
三井住友銀行
 http://www.smbc.co.jp/
為替リスクに対応できる知識や技術を加えることで、日本企業はさらに強くなれる
記事を読む>>