1月米輸出物価は上昇

世界需要や国内製造業に前向きな兆し

2月14日、1月の米輸出物価は0.2%上昇、変わらずとしていた市場予想を上回り、3カ月連続で上がった。写真はロサンゼルス港で2012年5月撮影(2014年 ロイター/David McNew)

[ワシントン 14日 ロイター] -米労働省が14日発表した1月の輸出物価は0.2%上昇、変わらずとしていた市場予想を上回り、3カ月連続で上がった。世界経済需要や国内製造業の見通しに前向きな兆しとなった可能性がある。

輸入物価は前月比で0.1%上昇、0.1%低下を見込んでいた市場予想に反して上がった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。