楽天、携帯メッセージング会社を子会社化

バイバー・メディアに920億円投資

2月14日、楽天は、世界でモバイルメッセージングなどを提供するバイバー・メディアを子会社化すると発表した。写真は握手する楽天の三木谷浩史会長兼社長(左)とバイバーのタルモン・マルコCEO。都内で撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - 楽天<4755.T>は14日、世界でモバイルメッセージングなどを提供するバイバー・メディア(本社キプロス)を子会社化すると発表した。9億ドル(約920億円)を投じ、発行済み株式100%の取得と新株発行の引き受けを行う。株式譲渡日は3月下旬を予定している。

バイバー・メディア社は、世界で約2億8000万人の登録ユーザーを持ち、月間利用者数が1億人を超えるメッセージング・VoIPサービスを提供している。楽天は、バイバー社の持つ幅広い顧客基盤を活用し、ECサービスやデジタルコンテンツサービスをグローバルに提供するプラットフォームを構築する。

三木谷浩史会長兼社長は会見で、バイバーには約3億人のユーザーがいるが、新たに2億人が加わり、5億人まで拡大するとの見通しを示した。さらに、今回の買収は新戦略だと語った。

子会社化に伴う業績への影響は「現時点では見積りが困難」とし、政策の上で開示の必要があれば開示する。一方、のれんや無形資産の評価、償却期間については今後精査した上で決定する。

同日発表した2013年12月期の連結売上収益は前年比29.5%増の5185億円、営業利益は同80.3%増の902億円となった。14年12月期については、株式市況の影響を大きく受ける証券業を除いた連結売上収益、営業利益は前期を上回るとしている。

*写真を付け、内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。