富士通社長辞任の謎、“病気療養”は本当か、社内には不穏なうわさも

富士通社長辞任の謎、“病気療養”は本当か、社内には不穏なうわさも

就任から1年3カ月--。9月25日、富士通が野副州旦(のぞえくにあき)社長の辞任を発表した。その理由は、「病気療養のため」とされた。

昨年6月の就任以来、野副氏は長年の課題だった海外事業の改善に邁進してきた。独シーメンスとの合弁会社の完全子会社化や豪アウトソーシング会社の買収を実行。7月下旬に行った事業説明会では、2011年度に過去最高益を達成するという新たな中期経営計画を打ち出し、1時間以上にわたって熱弁を振るっていた。

説明会の中では「米IBMとも伍して戦えるようになりたい」と強い意気込みを示しており、そこからわずか2カ月後に辞任するとはあまりに唐突だ。

発表当日、午後7時から港区の本社で開かれた会見には、「体調の問題」として野副氏本人は不在。当面、社長を兼務することになった間塚道義会長と、藤田正美執行役員常務の二人が出席した。

間塚会長が野副氏と会社で25日朝に直接面談し、病気治療への専念を理由に辞任の話を受けたという。ただ、シルバーウイーク前の9月中旬に今後の事業について話し合ったとき、「病気のような状態だと思わなかった」(間塚会長)。にもかかわらず、間塚会長は具体的な病名を本人から聞いておらず、会見中の説明には釈然としない点がいくつもあった。

同社役員によると、25日は朝9時から定例取締役会が開かれた。いつもの席に野副氏が着いておらず、その場で間塚会長から辞任の申し出があったことを聞かされ、「皆、『えーっ』という感じだった。イスからのけぞるくらい驚いた」という。だが、野副氏は24日夜、午後10時過ぎまで都内で部下らと飲食し、普段と変わりない様子が見られている。

「社長辞任とともに、秘書室長が左遷された。本人が病気であればこうした人事異動は考えられない」と疑問を呈する社員の声もある。同社幹部も「辞任ではなく実質的な解任だと受け止められている」という。野副氏は辞任後に出社しておらず、社内には不穏なうわさも飛び交っている。「突然こんなことになってしまい、社内は混乱している」(別の幹部)。本当に病気の療養だけが辞任理由なのか。電機大手で起きた突然の社長辞任は、謎が深まるばかりだ。

■業績予想、会社概要はこちら

(麻田真衣 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。