新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 失敗しないための採用・面接・育成 樋口弘和著

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 失敗しないための採用・面接・育成 樋口弘和著

「期待はずれ」の悲劇を予防し、「相思相愛」で採用するにはどうすべきか。面接者には会社の社風を具現化しているような人材を当て、学生時代にがんばったこと、自己PRなどの答えの準備された質問は時間のムダ。もちろん面接をあらたまった席にせず、社内の評価制度を使った採用基準で臨む。それも「過去の行動事実」のみを基準にすべき。話題の選定を学生に委ねていいわけはない。第一印象のマジックに勝つには「良い評価」はその検証に徹することだ。採用後は目標の進捗管理、メンター制導入、1年先輩によるフォローが効果的だ。

米国流にも習熟した人事・採用コンサルが投資の観点から人材を見抜く手法を披露。ダメ人材10タイプも役立つ。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。