断る力 勝間和代著

断る力 勝間和代著

著者は、「断る力」こそが仕事の生産性を上げる最も有効な方法だと説く。嫌なことだからといって断ってばかりいては、周囲に評価されないと思うかもしれないが、そうとばかりは言えない。

何でも引き受けてソツなくこなせば、それはそれで評価されようが、そうした仕事は所詮、代替のきく汎用的なものにすぎない。そうではなく、断ることは断り、精選し減らした仕事に全力投球する。さらに空いた時間を自己投資に回せば、結果としてキャリアアップへの近道になるというのが、著者の主張だ。

周囲との軋轢を避けながら断る術、断る事と引き受ける事の峻別の仕方などを、人気経済評論家がわかりやすく解説する。

文春新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。